夜間の熱中症にご注意を!!

 6月末頃から診療所外来に「朝から倦怠感、めまい、頭痛」を訴えて受診される方が増えています。
これらの症状がおこる原因は様々ですが、季節柄、熱中症も原因の一つに考えなければいけません。
皆さんびっくりされるのですが、夜間帯・室内でも熱中症はおこりえます。
 これは、昨今夜間帯でも高温多湿の環境が続いているため体が対応できず倦怠感、めまい、頭痛、吐き気、食欲不振などの熱中症症状がおこるものです。
特に高齢者の方は小児・成人と比べて体内の水分量が少なく、温度に対する皮膚の感覚が弱いため暑くても気が付かずに室内でも熱中症にかかりやすいと言われています。

対応策としては、

  • 喉が渇いていなくても時間を決めて水やお茶を飲む
  • 食事にきゅうりやナスなど水分の多い夏野菜を取る
  • 夜間帯もエアコンを弱冷房でつけておく
    (扇風機で冷たい空気を循環させたり、
     エアコンが苦手・寒い方は弱冷房+お布団を1枚かぶって寝る)
などを試してみてください。
※熱中症ゼロへ 一般社団法人日本気象協会のHPを参考に文章を作成しています。